結婚指輪の意味

結婚指輪の習慣は古代ローマ時代の9世紀から始まったとされていて、日本の結婚式で指輪交換をする儀式が行われるようになったのは、約50年前からです。結婚式に、新郎新婦が皆の前で結婚指輪の交換を行うのは、これから夫婦として支え合い、共に歩んでいくという誓いを形に表したものです。結婚指輪は丸い事から、永遠に途切れる事のない愛を、象徴するものとされています。また、結婚指輪は日常的に身に付ける事から、離れていても相手の存在をすぐ近くに感じられる、という意味合いが込められています。お互いを思いやり、絆を深め、永遠に愛が続くようにと祈りが込められているのが結婚指輪です。

結婚指輪は、一般的に左手の薬指にはめます。左手の薬指には、愛の絆を深める、願いを実現するという意味があります。また、古代ギリシャでは、左手の薬指には心臓につながる血管があり、心臓は人間の感情を司る場所と言われていました。心臓、つまりハートにつながる左手の薬指に指輪をはめる事で、二人の絆を深め、結婚の誓いをより強いものとする意味合いがあります。

結婚指輪は、ブランドや値段などで決めてしまいがちですが、指輪が持つ本来の意味を考え、一生に一度の買い物ですから、二人で慎重に決める事をお勧めします。

Pocket