英語教育開始の低年齢化

親の生活態度という教育の重要性 日本企業がどんどん海外に進出し、海外の企業が日本に入ってくるようになり、英語は海外で話すものではなく、会社内でも話すようになってきてます。また、英検だけでなく、TOEICのスコアが就職に大きく左右するようになってきており大学生は英会話を勉強してます。

日本では中学校、高校、大学で英語を勉強しますが、英語を読むことは出来ても話すこと、コミュニケーションをとることはなかなかできてません。そのため、政府は中学校での英語をコミュニケーションに少し比重をおいた教育に変化してきます。また、小学校において英語を授業に組み込むようにしました。

英語の授業の低年齢化はかなり効果があると言われてます。個人レベルでは小学校で行われる前に個人で英会話のレッスンに通ったり、幼児教育として英語を習ったりしてます。その内容としてはネイティブの英語を話す外国人とマンツーマンでのレッスン、集団でのレッスンです。本場の英語に早く慣れて、英語の耳を作ることを目的としてます。

関連サイト