子どもの才能を伸ばし育てる親の教育力

親の生活態度という教育の重要性 子どもに対する教育だけでなく、親のための「親力」を育てる教育が盛んになっていることをご存知でしょうか。「親力」とは親の子どもに対する教育力です。子どもの能力を育て、総合的な力を伸ばすには親力が重要になってきます。例えば、自分が運動が苦手だからといって、子どもも同じとは限りません。運動は「脳」の指令を受け神経を通り筋肉に伝わります。この指令の通り道がいわゆる「運動神経」です。

脳からの指令が伝わるスピードに個人差はありません。どれだけ運動回数を重ねたかどうかが運動の得意・不得意につながり、運動センスを磨いていきます。しかし運動に対する苦手意識などから、多くの親は自分の子は運動神経が鈍いと決めつけている場合が多々あります。こうした親の先入観が、知らず知らずの内に子どもの才能を摘みとってしまうことになってしまいます。インターネットでは親力を試す「子育て診断テスト」が受けられるサイトもありますので試してみてはいかがでしょうか。

関連サイト