カテゴリー: 未分類

結婚指輪の意味

結婚指輪の習慣は古代ローマ時代の9世紀から始まったとされていて、日本の結婚式で指輪交換をする儀式が行われるようになったのは、約50年前からです。結婚式に、新郎新婦が皆の前で結婚指輪の交換を行うのは、これから夫婦として支え合い、共に歩んでいくという誓いを形に表したものです。結婚指輪は丸い事から、永遠に途切れる事のない愛を、象徴するものとされています。また、結婚指輪は日常的に身に付ける事から、離れていても相手の存在をすぐ近くに感じられる、という意味合いが込められています。お互いを思いやり、絆を深め、永遠に愛が続くようにと祈りが込められているのが結婚指輪です。

結婚指輪は、一般的に左手の薬指にはめます。左手の薬指には、愛の絆を深める、願いを実現するという意味があります。また、古代ギリシャでは、左手の薬指には心臓につながる血管があり、心臓は人間の感情を司る場所と言われていました。心臓、つまりハートにつながる左手の薬指に指輪をはめる事で、二人の絆を深め、結婚の誓いをより強いものとする意味合いがあります。

結婚指輪は、ブランドや値段などで決めてしまいがちですが、指輪が持つ本来の意味を考え、一生に一度の買い物ですから、二人で慎重に決める事をお勧めします。

宝石の意味とデザイン

結婚指輪のデザインでは、ダイヤなどの宝石を埋め込むものが人気があります。一番人気の石は、やはりダイヤモンドです。ダイヤモンドには永遠の絆、確かなもの、などといった意味があり、硬くて傷つきにくい事から、壊れる事のない永遠の愛といった意味を結婚指輪に込められます。このように、ダイヤモンドの持つ意味が、結婚指輪に相応しい事も、最も選ばれる理由の一つと言えます。その他にも、ペリドットは夫婦愛、夫婦和合、エメラルドは幸福、幸運、夫婦愛、アメジストは誠実、高貴、心の平和など、宝石にはそれぞれの意味があります。また、誕生石を身に付けると幸福になれる、守ってくれると言われています。自分の誕生石を指輪に埋めたり、相手の誕生石を埋める事で、お互いを見守る、大切にするという意味を込めるカップルもいます。

デザインでは、エタニティがこの頃では人気があります。エタニティは、英語で永遠という意味です。エタニティリングは、をリング1周宝石で埋められているフルエタニティと、リングの半分宝石で埋められている、ハーフエタニティがあります。途切れることなくリングを宝石で埋め、永遠と続くイメージから永遠の愛の象徴とされています。

このように宝石やデザインには様々な意味が込められています。一生に一度の世界に一つしかないものですから、意味を考えて選ぶようにしましょう。

結婚指輪のデザイン

結婚指輪は、結婚する際、必要不可欠となる重要なアイテムです。二人の絆を結ぶものである事から、世界にたった一つのものを、とデザインにこだわって選ぶ人も多くいます。ここでは、結婚指輪のデザインなどについてご説明します。

デザインにも様々な物があります。どのようなデザインが人気なのでしょうか。まずは、飽きの来ないシンプルなものです。職場でも抵抗なく身に付けられる事から、比較的男性から人気があります。シンプルな為、他の指輪と重ね付けなども出来るのも魅力です。次にU字やV字など、形が個性的なものです。太い指が細く見えたり、滑らかなラインを描く指輪だと、優美に見えます。また、サイドに模様やイニシャル、メッセージを入れたものも人気があります。お互いのイニシャルを刻んだり、大切な記念日や、思いを込めたメッセージを入れたりと、これぞまさしく世界に一つだけの指輪になります。また、ダイヤなどの石を入れるのも人気があります。日常付けるものなので、大振りではなく小ぶりの石ではありますが、逆にそれが上品に見えます。小ぶりな石を散りばめたり、石の配列を工夫したりと、控え目だけれど豪華に見える事から人気があります。その他にも、1からデザインを自分で決め、自ら製作するなどオリジナルデザインにこだわる人もいます。

このように、結婚指輪のデザインには様々なものがあり、思いを込めてこだわる人が多くいます。日常的に身に付けるものだからこそ、また、年をとっても違和感無く身に付けられるよう慎重に選ぶ事が大切です。